トップへ戻る

東洋医学科について

東洋医学科について

当科は1984年に当時の第2内科に東洋医学部門として設立され、それ以降は大学病院という医療の最先端の中で鍼灸・漢方治療を実践してまいりました。専門診療科の医師や看護師をはじめとするメディカルスタッフとともに「医療連携」を実践するとともに、「東洋医学の科学化」を実現するために研究を実施することで、患者さんへ安心・安全で最適な医療を提供できるよう努力しております。

東洋医学科の3つの特長

漢方薬・鍼灸治療を研究し続けている
私たちだからこそできる
「科学的根拠に基づく東洋医学」

漢方・鍼灸に携わるスタッフは日々の臨床に加え、各々の専門分野を中心に研究を行っており、毎年学会で研究報告を行なっています。
世界中に日々報告される東洋医学の科学的な最新の知見を活用し、患者さんにとってより良い治療を提供します。

満足度・快適性の高い医療を提供

当科を受診される際に皆さんが抱く不安「東洋医学で私の症状は良くなるだろうか」そのような不安疑問に真っ直ぐにお応えするよう、患者さんにとって寄り添った治療を提供します。

大学病院内の専門診療科と連携

患者さんの中には、普段の症状とは異なる症状を感じ不安を抱いた経験のある方も少ないないと思います。その際は皆さんの症状にあった大学院内の専門診療科へもご紹介させて頂き、他科とも連携してお体の調子を改善していきます。

線

治療について

当科では鍼灸治療・漢方治療を行っております。患者さんの症状に合わせたオーダーメードな東洋医学治療を、医療機関で安心・安全にお受けいただけます。

研究

研究

当科では開設以降、東洋医学の科学化に向けて専門診療科と共同研究を実施し、多くを医学論文として報告しております。過去の研究報告や現在の鍼灸課題についてご紹介いたします。

研修制度

埼玉医科大学東洋医学科では鍼灸師の卒後教育の一環として、医療連携ができる鍼灸師を育成することを目的に研修鍼灸師制度を設けており、これまでに多くの鍼灸師を受け入れております。

採用情報

当科では医療機関で東洋医学治療を実践する鍼灸師を募集しております。医療機関での勤務や鍼灸の臨床研究にご興味のある先生を心よりお待ちしております。